クコ燕岳へ

3連休で登山してきました。2年ぶりに、燕岳へ!
旅のお供にクコを連れて行きました。
クコは5年ぐらい前に自転車一人旅のお供に作った垂れ耳うさぎの人形。女の子です。

RIMG1608.jpg
リュックにバンダナで括り付けられるクコさん。

RIMG1599.jpg
山は気持ちいいわ~

今回は山初心者の友達と一緒だったため超ゆっくりペースで登り、夕方暗くなりかけた頃に燕山荘に着きました。10時スタートで6時着だった。遅!夕飯に間に合ったことにホッとする。燕山荘は超満員で大変なことになってました。布団が2人で1枚って山小屋経験の浅い私はびっくりだった。そんなものなのかなー。

食後、星がきれいだったので空を見る。
山の夜は好きです。まわりが真っ暗な闇で、自然しかなくて、人間の存在がちっぽけな分、確かなものに感じられる。命の鼓動を感じるというか。暗くてちょっと怖いんだけど、なんか不思議と安らぐんですよね。なんでだろうね。

山小屋は消灯が超早いです。びっくりの9時消灯。なので次の朝はご来光を見ようということで、早起きの4時起きでした。普段なら9時に帰ってきて4時に寝ることもあるのに。

暗いうちに燕岳の山頂へ歩きはじめ、岩の上に座り込んで明けるのを待ちます。たくさんの人が山頂に集まってきてます。風がものすごくて寒くて、しかも眠くなって足もしびれるという状況。ちょっとしんどいです。

RIMG1617.jpg
もうすぐ。

RIMG1620.jpg
明けた!

RIMG1624.jpg
ご来光を見つめるクコさん。

RIMG1627.jpg
夜明けの燕岳。

嬉しいことに快晴でした。
RIMG1645.jpg
燕岳と燕山荘を眺める。

しばらくのんびりしてから朝ごはんを食べ、またゆっくりペースで下山しました。

無事に行って帰って来れてよかった。けっこうきつかったけど楽しかったです。また行きたいな^^
スポンサーサイト

うさぎのお雛様

DSC_0283.jpg
やや気が早いかも~ですがお雛様を作りました。
着物は緑とピンクです。菱餅っぽい。練り込み顔料が使い慣れないのでどのぐらいの濃さでできるかやや不安なのですが。淡いのを希望です。
いつもの人形より、着物の袖のあたりがちょっと陶芸っぽいかも。。粘土を伸ばして、扇型に切ってぐるっとして貼り付け。厚さを均等に伸ばすのって案外難しいのね。

★陶芸教室の一門展の日程が決まりました。
「小林陶春一門展」
平成24年 11月9日(金)~11月14日(水)
場所:東急ライフ2F(長野市の北長野駅のすぐ近くです。)

うさぎ雛たちも上手くできたら一門展で並べたいです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。